読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人気おもちゃランキング!~ぞうさんより玩具が好き~

おもちゃの紹介をしてます!懐かしいおもちゃがきっと見つかるはず!

MENU

2002年 バウリンガル

2002年 バウリンガル

 カラーはグリーン、ピンク、ブルーの3種類

出典:http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/300/503/html/bow00.jpg.html

 

バウリンガル」は、“人間と動物の双方向コミュニケーション”の実現を目指していく「ドリトルプロジェクト」の第一弾として発売されました。日本音響研究所が声紋データと分析技術を提供し、インデックスが「動物感情分析システム」を構築、タカラが商品の企画・販売を行なうという共同開発された玩具です。

リアルタイムに犬の鳴き声を変換する「ボイス変換機能」と一定時間鳴き声を蓄積して判定する「データ分析機能」の2つを搭載し、鳴き声の種類によって「フラストレーション」「威嚇」「自己表現」「楽しい」「悲しい」「欲求」の6種類の感情に判定するしくみでした。

希望小売価格は12,800円と少し高価ではありましたが、最終的には国内外で約30万個を売り上げ、2002年度のイグノーベル賞平和賞を受賞するという大人気商品となったようです。

2009年には、機能を強化した新型「バウリンガルボイス」が発売され犬の言葉が音声で再生されるようになりました。また、2010年にはツイッター連携機能を搭載したバウリンガル for iPhone もリリースされています。

どの世代でも飼い犬と話してみたいという夢はやっぱり持っているものなんですね。